「無常観」の解説

1.1.無常観の意味

【意味】物事は常に移り変わっていくという考え方

コクゴロー

春から夏に季節が変わり、夏が過ぎたら秋が来て…という感じです。

コクゴロー

昔は戦いや病気・災害で人が亡くなることが多かったので、無常を感じることが今より多かったのかもしれないね。

1.2.解説

日本には季節の移り変わりがあり、日々変化していく豊かな自然が身近にあります。

また、仏教思想の影響などから無常観という考え方が日本人の根底に流れています。

コクゴロー

パッと咲いて、パッと散る桜を好む感性も無常観がベースにあるのかもしれないね。