「勤める・務める・努める」の解説

目次

1.0.まとめ

1.1.勤める

1.2.務める

1.3.努める

1.0.まとめ

  • 勤める:会社みたいなものにつとめる場合に使います。
  • 務める:役職や役割をつとめる場合に使います。
  • 努める:張る・努力するという意味で使います。
コクゴロー

三つの「つとめる」を順に見ていきましょう。

1.1.勤める

「勤める」は会社みたいなものにつとめる場合に使います。

IT企業に勤める。食品加工会社に勤める。という使い方をします。

あとは、学校に勤める。県庁に勤める。財務省に勤める。という使い方もします。

1.2.務める

「務める」は役職や役割をつとめる場合に使います。

生徒会長を務める。部長を務める。主役を務める。という使い方をします。

1.3.努める

「努める」は頑張る・努力するという意味で使います。

問題解決に努める。勉学に努める。という使い方をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。