【現代文】文章を先に読むべき? 設問を先に見るべき?

1.結論

スタートの号令がかかったら

まず設問をチラ見してみましょう

文章を読む上でヒントになる問題が

あるかどうかで対処法を変えます。

コクゴロー

一瞬の判断だね。

①内容把握に使えそうな問題がある場合

 →先に問題に目を通してから、文章を読む。

②内容把握に使えそうな問題がない場合

 →先に文章を読む。

2. 「内容把握に使えそうな問題」とは

・文章の構造を把握できる問題

2021年共通テスト第一問の問5
コクゴロー

↑↑みたいな問題はありがたいね。

・〇の選択肢が多い内容一致問題

 「5つの選択肢の中から

 正しい選択肢を3つ選びなさい」みたいな問題です。

コクゴロー

〇が多いと先に目を通しておくメリットの方が大きそうだね。

3. 文章を読んでいく中で自然と解ける問題

読んでいる途中で

自然と解けていくような問題は

読みながら片づけていきましょう。

コクゴロー

漢字や語句の問題などは読みながら片づけられるね。

4.まとめ

①試験が始まったら設問をチラ見する。

②内容把握に使えそうな問題があるかの判定

③使えそうな問題あり

 →問題に目を通してから文章を読む。

④使えそうな問題なし

 →文章を先に読む。

コクゴロー

普段の勉強から練習して本番で使えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。