貨幣(お金)の機能

目次

1.1.交換手段としての機能

1.2.価値を測る機能

1.3.価値を保存する機能

1.4.まとめ

1.1.交換手段としての機能

交換手段としての機能から順に見ていきます。

お金は物やサービスと交換することができます。

コクゴロー

たしかに、11円とうまい棒を交換することができますね。水なら100円くらいかな。

1.2.価値を測る機能

二つ目は価値を測る機能です。

価格が決まることでその物の価値が決まります。

コクゴロー

11円と交換できるということは、うまい棒には11円の価値があるということですね。

1.3.価値を保存する機能

三つ目は価値を保存する機能です。

漁師さんをイメージしてください。

魚をたくさん獲っても、

1週間経つとすべて腐ってしまいます。

そこで、魚を肉や野菜と交換するのではなく、

お金と交換してとっておきます。

そうすると、すぐになくなってしまうはずだった価値を保存することができます。

コクゴロー

貯蓄をすることで安定した生活ができるようになりますね。

1.4.まとめ

今回は貨幣には三つの機能があるというお話でした。

「交換手段」・「価値の測定」・「価値の保存」という三つの機能をおさえておきましょう。

コクゴロー

貨幣の発明は人類史上有数の大発明です。

貨幣の普及によって経済が大きく発展しました。

コクゴロー

貨幣のカタチは時代によって変化しています。

紙幣や硬貨ではなく電子マネーがメインになる日もそう遠くないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。