北海道大学 国語の入試問題

2020年北海道大学 国語の問題【120分】(2020年02月25日実施)

1.現代文(評論)「科学と非科学 その正体を探る(中屋敷均)」

文章の前半は

科学の性質について書かれています。

後半は前半の内容をふまえつつ、

権威主義の危うさを指摘した文章になっています。

解答時間(目安)は35~40分。

2.現代文(評論)「ポストバブルの『アブジェクト』―『キッチン』から『OUT』へ(坪井秀人)」

3.古文「更級日記(菅原孝標女)」

4.漢文「棠陰比事

2019年北海道大学 国語の問題【120分】 (2019年02月25日実施)

1.現代文(評論)「食べることの哲学(檜垣立哉)」

2.現代文(評論)「文学のなかの科学 なぜ飛行機は『僕』の頭の上を通ったのか(千葉俊二)」

3.古文(日記)「たまきはる(建春門院中納言)」

4.漢文(説話)「夷堅志(洪邁)」

2018年北海道大学 国語の問題【120分】 (2018年02月25日実施)

1. 1.現代文(随想)「食べることの哲学(檜垣立哉)」 「ダ・ヴィンチの蝶(福岡伸一)」

2. 1.現代文(評論)「食べることの哲学(檜垣立哉)」 「翻訳、このたえざる跳躍(野崎歓)」

3.古文「抛入花伝書(抛入)」

4.漢文「閲微草堂筆記(紀昀)」